LIVE

木箱
2004年札幌で結成。SAyA(サヤ/Vo&Key,Programing,etc)と西村サトシ(ニシムラサトシ/Programing& Gt.etc)の二人による札幌在住のユニット。エレクトロニカを基調に他ジャンル要素を配合し実験的且つ 緻密にアレンジされたトラックにvo.SAyAの透明度の高い声が融合され独自の世界感を放っている。

2007年8月には、北海道最大の野外フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO」の公募選出 ステージRISING★STAR (@GREEN OASIS)に839組より選出され出演。

ライブでは映像や装飾などの 空間演出にも力を入れており、札幌市青少年科学館のプラネタリウムでのワンマンライブやモエレ沼 公園内ガラスのピラミッドでの自主企画イベント「マドロミロニカ」なども開催しアートと音楽の融合を図った活動を独自に展開している。

2010年にはVictor BabeStar RecordsからAlbumを2枚同時リリースし 、メジャーデビューを果たす。2012年5月には自主レーベル[kitorina records]を立ち上げ、同年7月に 三枚目のフルアルバム「hometown」をリリース。

http://kibaco.net

Atsuhiko Nakatsubo aka fish tone
1982年、ドイツの電子音楽に影響を受け、エレクトロミュージックのキャリアを始める。
4年後、自身の音楽制作と共にエンジニア、プロデューサーとしても活動し多くの作品の制作に 関わる。
1993年、自らの作品の発表の拠点としてTTB studioを設立する。

以後、ファッションショー、国体、舞台音楽を始めゲーム音楽、TVアニメーション等、 幅広いジャンルの作曲、REMIXを手掛ける。

Atsuhiko Nakatsuboのサウンドは、殆どが1970〜80年代のアナログシンセサイザーを中心に制作 されており、PCを極力使用しないところが大きな特徴となっている。

1999年にfish toneという別名義での活動を並行し、現在までに4枚のアルバムを発表。

http://www.ttb-studio.com

brandnew sun 88
2008年に結成した松島洋平(Syn,Vo)、北村和也(key,Vo)からなるエレクトロ・デュオ 。
最も影響を受けた80′sカルチャー(音楽・ファッション・アート)の現代的な解釈をベースにした作品創りによって、 次世代のエレクトロ・ダンスミュージックを予感させる 昨今のニューレイブ、ブレイクスを意識した新たなスタイルの 「エレクトロ・ポップ」を目指す。

制作環境やライブにおいても、80年代のデジタル・アナログ機材を多用し、当時の質感を大切にしている。
2011年12月、メジャーファーストシングルとなる「ハイイロのソラ」をリリース。

音楽プロデュースにエレクトロ・ミュージックレーベル「TTB studio」の全面協力のもと、フロアライクな楽曲の制作、 LIVEパフォーマンスを展開。

http://www.myspace.com/1004734202

Film Forest
札幌市出身、サカイタカミツによるプロジェクト。2011年3月に初ライブを行い、 同年9月、Gold Panda札幌公演に出演。
以後、様々なジャンルのイベントへの出演を重ねている。
 
生楽器やハード・シンセ、ボイス・サンプルを多用し、アナログ感のある エレクトロニック・サウンドを展開するアーティスト。

以前はライブ時にラップトップとコントローラーを使用していたが、現在は複数の サンプラーとエフェクターを駆使したスタイルで、ライブ感の溢れるパフォーマンスを行っている。

https://twitter.com/akafilmforest
http://soundcloud.com/filmforest

Takaaki Suzuki
Ihatov Remains 主宰。札幌在住の音楽家。

自然の鳴りや響きをモチーフに 自由な発想で、音を編むストーリーテラー。
これまでに、1st アルバム「open the outdoors」、 2nd アルバム「Starlight story」と、2枚のアルバムをリリース。

2nd アルバム収録曲「Jagrat」は、 東京の人気ユニット Dazzle Drums によってリミックスされ、 2011年 [ GREEN PARROT RECORDINGS ] からリリース。 Danny Krivit 等にプレイされ、注目を集める。

他にも、[ SYNAPSE ] や [ GOLDEN AFTER ] 、 [ UNDERTONE RECORDINGS ] 、[ OTOTOY ] 、 [ROOM FULL OF RECORDS] 等から、 シングル曲、リミックス曲を、配信やCD、レコードなど、 幅広いフォーマットでリリースしている。

2012年11月、構想10年、制作3年を経て、 3rd アルバム「Aether Talk」を遂にリリース。

http://www.ihatovremains.com

INFANTS IN EINDHOVEN (from 福島)
Band Name   INFANTS IN EINDHOVEN
Members     SUENAGA MARK.
Genre      ELECTRONICA
Year formed  2007-
Shows      60

Comment  香水のような包み込む様な音楽を
作っていきたいです。宜しくお願いします.

http://www.myspace.com/infantsineindhoven


WATER FIELD
札幌で活動する「SCAM CIRCLE」のトラックメーカーMIZUNOの個人名義

MIZUNO自身が影響を受け続けてきたダンスミュージックを 自身のフィルターを通して制作。


WATER FIELD
http://soundcloud.com/water-field

SCAM CIRCLE
http://scamcircle.net/
http://soundcloud.com/scam_circle

モノノケユースケバンド
2009年おぐろっくの名前で弾き語りによるソロ活動を開始。夢と現実が 行き交う独特の詩や曲の世界観が聞く人に様々なイメージを喚起させる。
2010年8月1stソロ音源「夢/因果石/存在の踊子」 ¥500 発売。
2012年3月に1stミニアルバム「Indio in March(3月のインディオ)」\1000を発売。
2011年3月11日に思いを寄せて歌われた「イルカの歌」 (M4収録)は発表後、市民団体や平和団体など各方面で反響を呼んでいる。

2012年4月、突然芸名をモノノケユースケに改名! 札幌のカフェやバーを中心に時にはサポートメンバーを入れてモノノケユースケバンドとしても活動している。

音楽活動の他に、人間の秘められた才能を「妖術」と説き、様々なアーティストと交流するインターネットラジオ「おぐろっくの妖怪 RADIO革命!」も不定期更新中。

http://ogurock.seesaa.net/?1310667497
http://www.audioleaf.com/mononokeyusuke/

ゆとりビートル
これからの未来を作るゆとり世代が大事にしたいメッセージを伝える為、

世に生きる人たちに「ゆとりある生活」を提供する為に日々、楽曲制作やライブ活動、面白そうなことを行っている。

http://yutori.shisyou.com/

Candle

under100
「工作家 こんのあきひと」と「キャンドル作家 CandleMOTHER」により、2010年初冬ユニット結成。

各々の活動の中で培った経験をうまく二人で 擦り合わせ、それぞれ単体での作品とはまた違った世界観を構築する。

2010.12 初の展示『Birthday』以後、オリジナルキャンドルの制作や販売、イベントやライブの装飾の他、エレクトロニカ・ユニット「木箱」のグッズ制作なども手掛ける。

ものづくりを楽しみ、作品を見てもらうことで様々な人達と出会いたい。

http://under100am.tumblr.com/

VJ

round jam
2000年3月 ambientwater@東京学芸大学 MAXプログラミング、電子デバイス担当

2001年3月 卒業制作展の助っ人@東京工芸大学 MAXプログラミング、電子デバイ ス担当

2001年10月 スウェーデン boblbee社 インタラクション展示@Swedish Style in Tokyo. MAXプログラミング担当

2006年10月 富士通 インタラクティブアート作品@TOKYO DESIGNER’S WEEK 2006 サウンド担当

2012年5月 エイコーに命令されて6年ぶりにMAX復帰。

展示

jobin.
造形作家 1976江別市生まれ

モビール、照明等の立体作品、イラスト等の平面作品を制作し展示している。

毎春のpaterとの二人展 ハルナデ展をはじめ、過去には芸術の森美術館、 モエレ沼公園、アルテピアッツァ美唄等で展示を行う。現在は来夏まで六花亭の 六花文庫で選出され展示中。

また木箱ワンマンライブなどのライブイベント、「RSR」「JOINALIVE」等の 野外音楽フェス内等にて装飾を行う。
12/11から市内のTOOVcafeにて個展を開催。

http://jobin55.jimdo.com/

カトウタカシ
札幌生まれ。絵画、イラスト、繊維等による造形。

木箱では全アルバムのアートワーク、ワンマンライブやイベントでの装飾、展示などを手掛けている。

主な出展
・Wool Exhibition
・布の邂逅 RECONSTRUCTED FABRIC
・European Textile and Fibre Art Triennial
・International Mini-Textile Biennial
・テキスタイル・ミニアチュール展

FOOD

あくび食堂
ヴィーガンカフェ“Cafe Eight””PURE CAFE”(東京)での キッチン、スイーツ部門の中枢として企画開発、運営に携わる。 現在は北海道で札幌を中心に、イベント向けのヴィーガンスイーツ、 フードのオーダーメイドケータリングの活動とともに こじんまりと宅配向けのオヤツやさんを営む。

同時にインド中央政府公認ヨーガ教師として、 ヨーガセラピーを施す活動も行っている。
クラス後はオリジナルのヴィーガンスイーツ(*)が味わえ こころとからだの“見つめるべきもの”を ヨーガとスイーツを通して表現している。

またアジア各国中心の海外放浪のち辿り着いた タイ王国のNGO団体The Mirror Foundationの スタッフ活動を2010年に帰国後の現在も継続中である。

動物性食材(卵、ミルク、バター)、白砂糖は使用しておりません。素材はオーガニックのものを極力選び使用しています。

http://www.facebook.com/magplus.akubi?ref=hl
http://akubiroom.exblog.jp/

PLACE

HACHAM ART COMPLEX
HACHAM ART COMPLEX (ハチャムアートコンプレックス) 』 は芸術を通して地域社会に貢献する為の複合アート施設です。

<4Functions_4つの要素>

・Gallery(展示・ライブ・パーティなどの貸し多目的スペース)
・Art Studio(貸しアトリエスペース/計4部屋
・HACHAM Performance studio( for dance&music practice)
・Cafe&Bar

『ハチャム』とはアイヌ語でムクドリが集まる場所/樹という語源です。
この語源にあるように様々な分野の若い芸術家達が集まり製作の場やコンサート等のイベントを行いながら地域の皆様との交流をを図り、地域に開かれた風通しの良い運営を目指します。この場所で芸術を通して人々の交流の場が生まれ、活気のある商店街になり、そして、子供達が心豊かに暮らせる思いやりのある地域社会が形成されていく事を強く望んでいます。

http://hachamartcomplex.blog120.fc2.com/